TEL
MENU

ぎっくり腰

ぎっくり腰を本気で何とかしたい方を北九州市・八幡西区・黒崎・黒崎駅の六角堂治療院がサポートいたします!

ぎっくり腰は突然激しい痛みに襲われ、それまでは特に意識することもなかった日常生活での動作も困難になってしまうとても厄介な腰痛の一種ですが、一度発症すると何度もくり返す可能性が高いのも特徴です。北九州市・八幡西区・黒崎・黒崎駅の六角堂治療院にはぎっくり腰でお困りの方もお見えになり、これまでにも多くの方を改善へと導いてきた豊富な実績がございます。ぎっくり腰を本気で何とかしたいとお考えの方は北九州市・八幡西区・黒崎・黒崎駅の六角堂治療院まで一度ご相談ください。

ぎっくり腰にはいくつかの原因がありますが、腰の筋肉への負担が蓄積されて激痛を招きますので、無理な身体の使い方をしていることが大きな原因といえます。また、骨格にゆがみやズレが生じている状態で身体を動かすこともぎっくり腰の原因となりますので、まずは全身のバランスを整えることも改善を目指すためには重要なポイントとなります。北九州市・八幡西区・黒崎・黒崎駅の六角堂治療院では姿勢や歩き方のクセにも着目し、正しい身体の動かし方を意識していただきながら、再発防止も目指した施術でご対応いたしております。

ぎっくり腰はしっかり治療を続ければ改善します。まず原因を突き止めます
腰は身体の中心で姿勢をキープする部位なので負担が大きくなりがちです。まず原因を把握して症状に合った治療をする必要があります。

誰でも起こるものですが誰でも治ります

ぎっくり腰は誰にでも起こります。ぎっくり腰とは俗称で、急性腰痛のことをいいます。西洋では魔女の一撃なんて言葉で表します。急性腰痛と慢性腰痛の違いは簡単にご説明いたしますと、痛みが強いか弱いかの違いです。急性腰痛は炎症も絡んでしまうと身動きが取れないほどの激痛を出しますが、慢性腰痛は痛みはあるものの身動きはとれますのでその違いです。

神経的な説明

痛みを感じる受容体や受容器が痛みセンサーや発電所だとすれば、神経は変電所である脊髄へ痛みを伝える電線のような役割をしています。正常な状態では、痛みを伝える電線は2種類あります。1つは鋭い痛みを伝える有髄性のAδ線維(急性腰痛はこのAδ線維が興奮しています。)
もう1つは鈍い痛みを伝える無髄性のC線維(慢性腰痛はこのC線維が興奮しています)です。前者は緊急性の高い鋭い痛みを伝える大切な役割があるため、ミエリン鞘と呼ばれるコイルに包まれた神経です。ミエリン鞘があると、痛みにより発生した電気信号は、電線の上を順番に伝わるのではなくコイルの上(ミエリン鞘)を飛び跳ねながら伝わるため(跳躍伝導)、スピードが速く、脊髄までより早く情報を伝えることが可能で、いわば高速道路のような役割をしています。 一方、後者は前者に比べると緊急性が低い痛みを伝えます。そのため、ミエリン鞘はありません。つまり細くて、脊髄まで伝わるスピードも遅いため、Aδ線維に比べると一般道のような役割をしています。このように、痛みを伝える道(神経)が違うため、痛み方に差が生じてしまうのです。

ぎっくり腰はクセになる?

良く聞く質問ですが、クセになるというよりは生活環境がぎっくり腰(急性腰痛)を起こすのです。ぎっくり腰(急性腰痛)を起こしやすい体質になるのではなく、生活環境がぎっくり腰を起こしていると言えます。

ぎっくり腰(急性腰痛)を起こしやすい生活環境とは?

①睡眠不足が続く
②暴飲暴食が多い
③不規則な生活時間が多い
④風邪症状が長引いている 
⑤寒暖の差が多い時(季節の変わり目)
⑥胃もたれ、
胃痛が続いている時

大まかに分けると上記のような生活環境をされている方、心当たりがある方は注意が必要です。

慢性化させないために

腰痛が慢性化しないために様々な措置を八幡西区黒崎の六角堂鍼灸整骨院(治療院)が骨格・筋肉・神経だけではなく、内臓・自律神経までも調整して痛みを出さない身体作りのお手伝いをします。治療や定期的なメンテナンスも含めて全てお任させください。

ぎっくり腰の種類は?

①筋・筋膜性腰痛

腰の筋肉の過緊張の発生やそれに伴う筋繊維の損傷を起こしたために起こる、腰痛症を指します。神経学的検査でも背骨や椎間板などの関節部に異常が見当たらないのに関わらず、痛みがあるような腰の痛みです。
炎症を起こしている場合は、痛みの度合いはさらに強く感じます。また、炎症があるかないかの判断は氷水で冷やした物を患部に当てて、気持ち良く感じた時は炎症を起こしており、冷たく感じた時は炎症はありません。そして、炎症を起こしている時は絶対にお風呂に入らないようにして下さい、軽いシャワー程度をお勧めいたします。
1日に何時間も座りっぱなしで仕事をしたり、何時間も営業で車を運転したり、販売の仕事で立ったままずっと接客をしたりする方の多くはこの腰痛がおこりやすいです。これらの毎日の仕事の繰り返しで、腰に疲れがたまります。その疲れが限界点を超えたときに腰に痛みを起こすのです。さらに、肥満や運動不足などで筋肉の質が落ちている場合は、その限界点が腰痛のない健康な人より低くなりますので、ちょっとしたことで腰に痛みを感じます。

筋・筋膜性腰痛症の原因の一つは、大腰筋の拘縮(持続性収縮)です。筋肉が一時的に縮むのは関節を動かす為に必要なことですが、縮んだまま伸びにくくなってしまう(持続性収縮)と様々な問題が起こります。そのひとつが大腰筋の拘縮が原因の筋・筋膜腰痛なのです。
大腰筋は、腸骨筋や小腰筋とまとめて「腸腰筋」と呼ばれている筋肉のうちのひとつです。その中で長さが最も長く、大きな力を発揮するのが「大腰筋」です。大腰筋は背骨の左右にあり、直立姿勢の時、正常な筋肉の弾力(張り)があると骨盤を前傾(背骨を前彎)位置に保つ仕事をします。股関節を曲げたり、上体を前に曲げるなど様々な動作は、大腰筋と、背骨の後ろ側の筋肉(脊柱起立筋・広背筋など)が背骨を前後から引っ張ることで前や後ろに倒れないようにバランスを取っているのです。大腰筋が拘縮すると、張力のバランスが崩れ、腰の筋肉に負担が掛かり筋・筋膜性腰痛症を引き起こします。

②椎間関節性腰痛

腰椎椎間関節は腰椎後方の左右に位置し,前方の椎間板の動きを制御しています.腰を曲げると椎間板を軸にして椎間関節は拡大するため,過大な力が加わると痛みの原因となります.ぎっくり腰と同様,腰から殿部にかけての痛みを主症状とします.下肢症状(足のしびれや神経痛,筋力低下)を伴うことはあまりありません。
腰椎椎間関節は腰椎後方の左右に位置し,前方の椎間板の動きを制御しています.腰を曲げると椎間板をてこの支点として椎間関節は拡大するため,過大な力が加わると関節包が引き伸ばされて,痛みの原因となります.逆に腰を無理に伸ばそうとしたり,捻ったりすると関節包の滑膜を挟み込んで,滑膜炎を起こし,痛みを生じます.
症状としては㋐体を後屈させると痛みが増す。 ㋑深くまで前屈させると痛む。㋒ 痛みの性質は鋭い痛みである。㋓日常的に体をひねる動作が多い。 ㋔体を背もたれなどに預けると痛みが軽減する。 ㋕立ちすわりの動作では症状は現れない。㋖中年以上の年齢である。(65歳以上に最も好発します)
 
以上の様な自覚症状がいくつか当てはまるようでしたら椎間関節性腰痛の可能性があります。

③腰部椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアとは、繊維輪に裂け目が生じそこから髄核が外に飛び出し神経を圧迫している状態をいいます。ヘルニアとは「突出する」と言う意味です。髄核や繊維輪は加齢により弾力が衰えていきます。日常生活の中での不自然な姿勢などが椎間板に大きな圧力をかけ負担が増すとやがて繊維輪に小さな傷が生じます。傷は年齢や時間とともに増えそれが連なりひび割れのようになり、髄核がそのひび割れに入り込んで押し上げ、繊維輪を破って外に飛び出しします。繊維輪は腹側が厚く背側が薄いため、多くは背側に飛び出し神経を圧迫します。腹側にも飛び出すことはありますが、腹側には神経がないので痛みがあらわれません。髄核が繊維輪を破って外に飛び出すと、神経根や馬尾神経が圧迫され痛みが生じます。

症状としては、急激な痛みが起こり、しばらくしてから腰からお尻、大腿部の裏側にかけて痛みやしびれ生じます。また発生した部位によっては知覚マヒ、運動マヒが起こり足の力が弱くなります。ヘルニアは第4腰椎・第5腰椎・仙骨の間の椎間板に起きやすく、第5腰椎・仙骨の間に起こると、神経根が座骨神経につながっているため大腿骨後面、ひざの裏側から外側、下腿外側、足の外側にかけて痛が起こし座骨神経痛を引き起こします。第3腰椎・第4腰椎の椎間板に起きると大腿の前面に痛みが起こります。腰痛・殿部痛・下肢痛・しびれ・歩行困難・排尿困難・排便困難などの症状もあります。特に下肢症状のあるときはヘルニアが神経を圧迫していることが多く要注意です.(坐骨神経痛)

上記は一般的な腰部椎間板ヘルニアの説明になりますが、八幡西区黒崎の六角堂鍼灸整骨院(治療院)は、上記の説明だけではなく、別の病態把握にも日々研鑽しております。例えば、突出した椎間板が神経を圧迫して痛みを出しているというのが医療業界の定説ですが、疑問が多々あるのです。突出した椎間板が神経を圧迫しているのか?椎間板が問題ではなく別に問題があるのではないか?このようなことを踏まえながら、少しでも早く痛みから解放させてあげたいと常に念じながら日々研鑽しております。

④腰椎分離すべり症(急性期)

腰椎の椎間板(ついかんばん)のついている前方部分は椎体(ついたい)、後方の椎間関節のついている部分は椎弓(ついきゅう)と呼ばれます。椎体と椎弓の間には椎弓根(ついきゅうこん)があります。椎弓の部分で骨の連続性が断たれてしまい、椎体と椎弓が離れてしまった状態を「腰椎分離症」といいます。

分離症のなかで、後方部分の支持性がないため椎体が前方にずれてくるものを「分離すべり症」と呼びます。すべり症は脊椎(せきつい)同士がずれた状態を指しますが、椎間板の老化による不安定性が原因でずれたものを「変性すべり症」と呼びます。分離すべり症は繰り返す腰痛、または慢性的な腰痛と下肢痛を来すことが多く、高度なすべり症以外では通常、排尿排便障害は認めません。変性すべり症も腰痛・下肢痛を来しますが、脊柱管(せきちゅうかん)全体が狭くなるため馬尾(ばび)神経の圧迫症状が主症状になります。すなわち、歩行によって下肢痛やしびれ感が出現し、休むと軽快する間欠性跛行(かんけつせいはこう)と呼ばれる症状や、会陰部(えいんぶ)のしびれ感や、排尿排便障害を来します。

この腰痛の質の悪さは、急性期は激烈な痛みを出しますがある一定期間を過ぎると、痛みが緩慢して「治った」と勘違いしてしまうのですが、徐々に進行して痛みを出すサイクルが速くなっていきます。それは年齢や筋力低下、生活環境など広く関与しますので注意が必要です。早めの治療と定期的なメンテナンスをお勧めいたします。分離症の原因は、先天性のものと後天性のものがあります。先天性のものは生まれつきのもので、分離以外にも椎体や椎弓の形態異常を認めることが多く、高度なすべり症を生ずることがあり注意を要します。

近年では、後天性の多くは子どものころにスポーツなどで繰り返し負荷がかかったために、疲労骨折を起こしたものと考えられています。しかし、スポーツは原因のひとつであり、体質的な要素もあります。 分離症・分離すべり症は第5腰椎によくみられます。一方、変性すべり症は椎弓や椎間関節の形態異常に椎間板の変性が加わって起きるとされています。変性すべり症は女性に多く、大部分が第4腰椎です。

筋肉疲労・緊張

デスクワークなどの座った姿勢、または立ちっぱなし。重たい物を持ったりなど、疲労しやすい状況が続くと筋肉は硬く緊張状態に陥ります。その結果、疲労物質や老廃物が溜まり疲れが抜けにくいという悪循環に陥ります。

骨盤の歪み

腰は身体のなかでも特に負担のかかるところです。普段から負担が大きいとズレや歪みなどが生じて腰痛の原因となります。姿勢のクセなど無意識にバランスが崩れている場合は歪みやすいです。八幡西区黒崎の六角堂鍼灸整骨院(治療院)は、独自の骨盤調整法で歪みや捻じを正し本来あるべき場所に戻します。

内蔵疲労

心臓・肺・胃・膵臓・腎臓・肝臓などの内蔵に疲労や異常がある場合も腰痛を引き起こします。八幡西区黒崎の六角堂鍼灸整骨院(治療院)は内臓・自律神経等の検査及び調整法で内蔵疲労を回復していきます。東洋医学的な考えではり・きゅう治療も施術いたします。

精神的なストレス

日常的にストレスを受け続けていると脳内物質のバランスが乱れて、より痛みを感じやすくなる場合があります。

このような症状はありませんか?

・立ち上がるときに強い痛みが走る
・座っているだけでもつらい・・・
・何もしなくても重たい感じがする
・朝、起きる上がるときにつらい
・洗顔の姿勢がとれない
・重たい物を持つと痛みが出る
・足にしびれがある
・精神的なストレスがある

このような症状がありましたら八幡西区黒崎の六角堂鍼灸整骨院(治療院)へご相談ください。早期回復を徹底サポートさせていただきます。腰痛を放置するのは危険です。慢性化しやすい症状です。「もう治らないから・・・」「騒ぐほどでもないし・・・」と治療しないと芯の部分から硬くなり、改善しにくくなってしまいます。
ひどくなると座骨神経痛を引き起こす可能性が高まります。筋肉が硬く負担がかかる状態が長く続くことで、何気ない動作であっても蓄積された疲労が一気に出てしまうこともあります。そうならないためにも筋肉疲労を蓄積しないように治療・メンテナンスをする必要があります。放置せずにまずは八幡西区黒崎の六角堂鍼灸整骨院(治療院)にお電話ください。

治療の内容

徹底したカウンセリング

痛みの度合い、普段の姿勢、動きのクセなど様々な目線から痛みの根源を探し出します。

痛みの強い箇所・動作確認・バランスチェック

どの動きで痛みが強くなるのか?左右のズレなど、あらゆる状態を確認していきます。

痛みの根源から治療します

腰痛の原因は腰だけにあるとは限りません。痛みの根源を探し出し、骨盤矯正などで根本治療しますと早期改善につながります。一人一人の状態に合わせて治療していき、必要に応じてはり・きゅう治療も施術いたします。(但し、私ははり・きゅう治療は嫌だという方は無理には施術しませんのでご安心ください。)

治療後の状態確認

治療前後で身体がどう変化したのか?それにより次回以降の治療方針を決めていきます。

「初めて行く整骨院は少し怖い・・・」という方へ

・バキバキされそう・・・
・治療って痛そう・・・
・余計に悪くなるかも・・・

整骨院を含めた治療院に対してこのような印象をお持ちの方も多いと思いますが、痛くありません。ソフトにアプローチしますのでご安心ください。八幡西区黒崎の六角堂鍼灸整骨院(治療院)ではバキバキしたり、無理に強い圧をかけることはありません。慎重にお身体の状態を診ていきますので患者様に負担はございません。安心して治療を受けられます。

治療で得られる効果

・つらい痛みから解放されます
・朝、起き上がりやすくなります
・かがんでも平気になります
・しびれが無くなります
・歪みが改善して疲れにくくなります

普段から腰に負担がかかっている方は1・2回で改善させることは難しいですが、頑固な腰痛もしっかり治療を継続していけば改善させることができますのでその際は八幡西区黒崎の六角堂鍼灸整骨院(治療院)までご相談ください。

なぜ、他の整骨院より八幡西区黒崎の六角堂鍼灸整骨院(治療院)が支持されるのか?

・腰痛でお悩みの患者様を多く改善してきた実績
・徹底的なカウンセリングで症状をしっかり把握
・痛い箇所だけでなく根本的な原因を追求してアプローチ
・的確な運動指導
・予約をしていただきますと待ち時間なしでご案内できます。
・清潔な院内で気持ちよく治療を受けることができます。

つらい腰痛を諦めるのはまだ早いです。「ずっと前から痛いから・・・」「もう歳だから・・・」と諦めず治療を続けましょう。八幡西区黒崎の六角堂鍼灸整骨院(治療院)が腰痛に苦しむ患者様を徹底サポートいたします。

腰痛治療Q&A

Q,通院のペースはどれくらいですか?

A,痛みが強いときは週に2〜3回の治療。ある程度痛みが緩和してきましたら2週間に1回くらいのペースが目安となります。状態がかなり良くなりましたら再発防止のため1ヶ月に1回のメンテナンスをお勧めしております。

当院へのアクセス情報

所在地〒806-0021 福岡県北九州市八幡西区黒崎2-7-15 花田ビル1F
電話番号093-645-6711
予約お電話でのご予約が可能です
休診日土曜日の午後
日曜・祝祭日
概要北九州市で整体が受けられる整骨院を利用したいとお考えの方は【六角堂治療院】まで。体の痛み(腰痛・肩こり交通事故後の痛み)でお困りの方向けの施術や、骨盤矯正を行っております。

駐車場のご案内

Facebookを始めましたので『いいね』をお願いいたします。